花粉症対策:花粉症の予防

<p>毎年秋になると翌年の花粉飛散予測が発表されます。基本的にその年が猛暑であれば翌年の総飛散量は多くなり、暖冬であれば飛散時期が早まります。
花粉症治療は症状が出てからでは手遅れで、少なくとも花粉の飛散する2〜3週間前から行うのが良いと言われます。
また花粉飛散時期に入る前に、花粉の付着しやすいカーペットを取り除いてフローリングにしたり、空気清浄機など花粉対策グッズをそろえておきましょう。
あらかじめ花粉飛散時期や量の予測情報を知っておくことも大切です。

冷房のかけ過ぎや冷たいものの食べ過ぎは翌年の花粉症の症状悪化につながります。冷房は控えめにし、身体を温める熱温性食品を多くとることが花粉症予防になります。 花粉症にとっても冷えは大敵なのです。
スギ花粉を原因とした花粉症は春がもっとも症状の出やすい季節。シーズンオフから予防対策をして、翌年の花粉症の症状を軽減しましょう。
体力、免疫力のバランスが崩れていると花粉症の症状も悪化しやすいものです。規則正しい食生活をし、体調を整えて花粉症の季節を乗り越えましょうね。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.