花粉症対策:東京都の取り組み

日本で初めてスギ花粉症の患者が報告されたのは1963年。現在ではスギをはじめとする花粉症患者は数千人にのぼると言われます。花粉症には様々な原因が考えられますが、国や自治体レベルで取り組まなければならない課題が多くあると考えられます。

東京都では総合的な花粉症対策を推進するため、2005年に花粉症対策本部が設置され、「花粉の少ない森づくり」を目指して様々な取り組みが行われています。

花粉の発生源対策


都内の森林地域では花粉を多く発生するスギ林が増加しています。そこから発生するスギ花粉を減らすため、都内の森林地域のスギ等を伐採し、花粉の少ないスギや広葉樹を植樹していく取り組みです。10年後にはこの森林から発生するスギ花粉の量を2割削減することを目標としています。

ディーゼル車の運行規制


ディーゼル排気物質をはじめ、大気汚染物質は花粉と一緒に鼻粘膜に付着することでアレルギー反応がおきやすくなると言われます。また妊婦がディーゼル排気ガスを吸い込むと、そのこどもがスギ花粉症になる可能性が高いとの調査結果もあるようです。そのため東京都と近隣の自治体ではディーゼル車の運行規制を強化しています。
国や自治体のさまざまな取り組みで、花粉症患者の症状が軽減されることを望みます。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.