花粉症対策:乳酸菌で花粉症対策

乳酸菌は私たちにとって有益な微生物のひとつでさまざまな種類があり、それぞれの乳酸菌にはそれぞれの特性があります。その特性を活かしてヨーグルト、チーズなどの乳製品や味噌、キムチなどの発酵食品に利用されています。

その乳酸菌が、近年飲料会社の研究により花粉症の症状を軽減する機能や、新しい種類の乳酸菌が発見され、花粉症への効果が期待されています。
その一つとして、キリンビールは2002年に高いアレルギー改善作用が期待される「KW乳酸菌」を発見しています。このようなアレルギー改善作用を持つ乳酸菌を利用し、様々な花粉症対策の商品が開発されることが望まれます。

この花粉症に有効とされる乳酸菌には、細菌やウィルスを攻撃するリンパ球Th1とアレルギーの原因となるリンパ球Th2の2つのリンパ球のバランスを保ち、アレルギー症状が起こりにくい環境をつくる働きがあります。
ただし、全ての乳酸菌がこのような働きを持っているわけではないので、花粉症予防を目的にヨーグルトなどを摂取する場合は、そのヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認しなければなりません。
また、乳酸菌の効果は即効性はないため、花粉の飛散時期の1ヶ月前くらいから継続してとることが望ましいと言われています。ヨーグルトなどの乳製品が苦手な方は、サプリメントタイプのものから乳酸菌を摂取することをおすすめします。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.