花粉症対策:食生活が花粉症の原因?

花粉症の原因の一つは食生活にあるといわれます。
私たちの食生活は、欧米型へと変化しています。魚と野菜が中心であった日本人の食生活は、肉や魚を中心とした高たんぱく・高脂質の欧米型の食生活へと変わっているのです。 この食生活の変化によって、野菜不足や栄養の取りすぎ、脂肪分の過剰摂取、食品添加物の増加など、さまざまな問題が発生し、アレルギー症状を引き起こす原因となっているのです。

魚と野菜が中心で、油の摂取量が少なかった日本人の食生活も、欧米化にともない料理で油が使われる機会が多くなりました。もちろん、油は私たちに必要な栄養素を持っていますが、油の取りすぎは血液をドロドロにしたり、炎症を強めたりするなど、身体に悪影響を及ぼします。
そのため花粉症の人は油の取りすぎに注意し、油を使用する場合にはオリーブオイルを使用するのが良いようです。ドレッシングやマヨネーズ類にも多くの油が含まれていますので、取り過ぎないように気をつけましょう。

また、ケーキやチョコレートなど、甘いものを食べる機会が増えたことも花粉症などのアレルギーがが増える原因と考えられています。砂糖は免疫力を低下させ、花粉症をはじめ多くの病気の原因になっています。
花粉症の人は、ハチミツや黒砂糖などを代用し、砂糖の過剰摂取を控えるようにしましょう。
ご飯と魚や野菜、味噌・しょうゆなどの発酵食品の組み合わせは、栄養バランスに優れ、日本人の体質に合った食事です。 現在の日本の食生活を見直し、昔ながらの食生活にすることが、花粉症には有効な対策といえるようです。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.