花粉症対策:ストレスは花粉症悪化の原因

花粉症は、子供からお年寄りまで幅広い世代に広がっていますが、特に30代から50代に多くみられるようです。なぜ免疫力も体力のある世代に花粉症を発症する人が多いのでしょうか?
それは、30代から50代がいちばんストレスを受けやすい世代だからだそうです。 ストレスによる病気は数多くありますが、花粉症も例外ではありません。

花粉症は花粉という抗原に対して免疫力が過剰に働くことで起こるものです。ストレスは抗原と似た働きをするため、ストレスを感じると免疫力が過剰に働き、結果、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてしまいます。

ストレスを解消するには、自分の好きなことを思い切りする時間を持ったり、スポーツをしたりするのが有効な方法といえます。アロマテラピーやハーブティーを楽しむこともリラックスするために効果的です。また最近では、笑うことでストレスを解消する療法もあり、この療法はがん治療にも効果を発揮しています。
花粉症の季節は症状がつらく、ストレスも溜まりがちですが、自律神経のバランスを保つために十分な睡眠をとり、自分なりのストレス解消法をみつけて明るく過ごすことが、花粉症の症状軽減につながります。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.