花粉症対策:スギ花粉症緩和米

“スギ花粉症緩和米”とは食べるだけで花粉症の症状が軽くなるという画期的なお米です。開発したのは農林水産省所管の独立行政法人農業生物資源研究所で、米の遺伝子を組み換えて、スギ花粉症の原因となる抗原の「T細胞エピトープ」を入れ込んだお米です。「エピトープペプチド集積米」ともよばれます。
このお米を毎日食べ続けると、免疫作用により徐々に体がスギ花粉に慣れて、アレルギー症状が軽減するという効果があるようです。1日に1合程度食べ続けると数ヵ月後にはスギ花粉症の症状の改善がみられるというもので、既に動物実験やヒトの細胞レベルの実験では効果が確認されています。

ご飯を食べるだけで花粉症の症状が改善されるのであれば、こんなにうれしいことはないですね。注射やのみ薬に比べて簡単なうえ、病院に通う必要もない、花粉症の人にとって負担の少ない治療法だと言えるでしょう。
当初食品として開発されていたこの「スギ花粉症緩和米」は、厚生労働省により「医薬品として取り扱うべき」という判断を受け、医薬品としての開発に方針変更されたようです。
できるだけ早く“スギ花粉症緩和米”の安全性が認められ普及することを待ち望むのは、きっと私だけではないと思います。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.