花粉症対策:めがねで花粉対策

花粉症による目のかゆみなどの不快な症状を防ぐには、めがねの着用が有効です。
花粉症による目の不快感対策には、花粉を目の粘膜に付着させないことが必要で、花粉飛散時期の外出にはめがねを着用し、帰宅したら目薬や洗眼で目に付着した花粉を洗い流すことで、目のかゆみや炎症を予防することができます。

コンタクトを使用している人は、常に清潔な状態を保つために、花粉症の季節だけは使い捨てコンタクトを使用するのが良いでしょう。できれば、花粉の飛散時期だけでも眼鏡と併用することが望まれます。
最近ではレンズのサイドにカバーがつき、目と眼鏡の隙間から花粉が入るのを防ぐゴーグルタイプの花粉対策眼鏡もあるようです。また、眼鏡の上からかけられるタイプやめがねのサイドに取り付けるカバーなど、おしゃれなものも多く出ています。

普通の眼鏡を着用するだけでも、目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができ、花粉対策用の眼鏡では約4分の1にまで減らすことができると言われています。
もちろん、眼鏡をしていても眼に入る花粉を完全に防ぐことはできません。 そのときは洗眼して花粉をしっかり洗い流します。 眼に不快感を感じたら、花粉専用の洗眼液や花粉を洗い流すタイプの目薬などでしっかり洗い流します。洗い流すことで、目のかゆみや炎症を抑える効果があります。
ただし、洗眼液に付属の洗眼カップや目薬容器の先は不潔になりやすいため、清潔に保つよう十分注意することが大切です。

花粉症対策にメガネの着用は欠かせないものと言えます。外出時のめがねの着用を習慣にしたいものですね。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.