花粉症対策:目のかゆみ

花粉症による目の不快な症状、目のかゆみや涙など、ひどくなると痛みをともなうことさえあります。花粉症の目の不快な症状は季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが原因となっておこるアレルギー症状です。

花粉症による目の不快な症状を防ぐには、外出時にはサングラスや花粉対策眼鏡などをかけ、花粉が目に入らないようにすることが一番です。もし、花粉が目に入ったときには、人工涙液の点眼や洗眼で、目に入り込んだ花粉を洗い流しましょう。
また花粉の飛散時期前から、予防的に抗アレルギー剤を点眼するのも症状を軽減する効果があるようです。コンタクトレンズを使用している方は、花粉の時期だけでもめがねを使用するのがおすすめです。アトピー性皮膚炎を持つ方は、花粉症の症状が重くなる可能性が高いようですので注意しましょう。
花粉症による目の不快な症状は、季節的なもので重大な疾患ではありませんが、日常生活に支障をきたす方もいるほどです。花粉が目に入らないよう極力外出は控え、こまめに部屋の掃除をするようにしましょう。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.