花粉症対策:くしゃみ・鼻水・鼻づまり

花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまりは人の身体に備わった防御反応なのです。 鼻に入ってきた花粉をくしゃみで外に追い出し、鼻水で花粉を鼻の外へ流し、鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないよう防いでいるのです。
花粉に対する防御反応には個人差があり、反応が出ない人もいれば、過敏に反応が出る人もいます。また、花粉症だと思っていたら実は鼻炎や副鼻腔炎、風邪であったということもあります。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が出た場合は、まず医師の診断を受けることが大切です。特に鼻づまりは、集中力が低下することがあるので注意しなければなりません。

花粉症による鼻の不快な症状を防ぐには、マスクをして抗原となる花粉を吸い込まないことがいちばんの対策です。
また、花粉症対策には鼻うがい(鼻をかむだけでは出てこない鼻汁を洗い流すことができ、花粉症や慢性鼻炎、風邪などの対策として効果があると言われている。)と言う方法も用いられるようですが、誤って耳に水が流れ込むなどの心配もあるため、賛否両論があるようです。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.