花粉症対策:こどもの花粉症対策

子供の花粉症は見ているだけでかわいそうですね。
こどもは花粉症にならないなんて考えられていたのは昔。今は花粉症の子どもは珍しくありません。花粉症の子供は学童期以降に増える傾向にあるほか、幼児にも目をかゆがったり、鼻水が出るという症状がみられます。出生後の早い時期に多くの花粉を浴びると幼児でも花粉症になりやすいといわれています。花粉症になっていなくても、花粉が多く飛んでいる季節にはできるだけ外出を避けるようにしましょう。

花粉症を発症する子どもの多くは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎など他のアレルギー疾患を発症していることが多いものです。また、花粉症が原因でアトピー性皮膚炎が悪化したり、喘息症状を引き起こすことも少なくありません。

子どもの花粉症対策には花粉を避けることが重要です。花粉が部屋に入らないようにし、こまめに掃除をすることで花粉を室内から排除しましょう。掃除機を使っての掃除はかえって花粉を舞いあがらせてしまうので、拭き掃除が効果的です。こどものアレルギー疾患には部屋の空気を清潔に保つことが最も大切といえるでしょう。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.