花粉症対策:漢方薬で体質改善

漢方はその人の体質をみて、その人にあった漢方薬が処方されます。花粉症においても現在出ている症状によって漢方薬が変わります。花粉症の症状には大きく分けて?熱”と“寒”の2つのタイプがあるようです。
寒タイプの花粉症の方は、冷え性体質の人が多く、くしゃみと水っぽい鼻水がよく出ます。熱タイプの花粉症の方は、鼻詰まりが強く、熱っぽく感じます。(微熱が出る場合もあります)

寒タイプの花粉症におすすめの漢方薬


小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
小青竜湯は身体を温めて寒気を取り除き風邪を発散する作用があます。冷え性の花粉症の方は、小青竜湯で身体を温めることで症状が緩和されます。小青竜湯は風邪にともなう気管支喘息にも効果があり、慢性のアレルギー鼻炎の場合は半年程度続けて飲むのが良いようです。
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
麻黄附子細辛湯は小青竜湯で体が十分温まらない時に、小青竜湯と合わせて用いられる漢方薬です。

熱タイプの花粉症におすすめの漢方薬


辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
辛夷清肺湯は肺の熱を冷ますことで、鼻詰まりを改善します。蓄膿症などの炎症をおさえる効果もあります。

他にも、胃腸の働きを高めて免疫機能を整える衛益顆粒(えいえきかりゅう)や口やのどの渇きを抑え、肌の乾燥やかゆみを軽減する八仙丸(はっせんがん)など、多くの漢方薬があります。漢方薬を服用したいときは、必ず専門家の処方やアドバイスを受けることを忘れないようにしましょう。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.