花粉症対策:鼻呼吸で花粉症治療

今、花粉症で悩んでいるあなた、鼻呼吸してますか?無意識に口呼吸になっていませんか?
口で呼吸することで、身体の免疫力がおとろえ、様々な症状があらわれてくるということを提唱しているのは西原克成医学博士先生。

鼻で呼吸をすると、外気は鼻の中を通る間に埃や細菌などの異物が除去され、適度に温められ、過失されて肺に入ります。しかし、口で呼吸をすると、様々な雑菌が含まれた冷たい外気が、直接ノドに入り扁桃腺組織を傷めてしまうため、侵入してきた細菌やウイルスと戦う力が弱くなり、結果、鼻炎や花粉症、ぜんそくなどのアレルギー症状やじんましん、アトピー性皮膚炎、風邪などの病気にかかりやすくなるようです。
実際に、口で呼吸していた人が鼻呼吸にすると身体の免疫力が上がり、アレルギー症状や花粉症、アトピー性皮膚炎などが改善されていくそうです。

一度口呼吸が身についてしまうと、なかなか鼻呼吸には戻すのは難しいと思いますが、花粉症の症状を緩和するためにも、少しずつ鼻呼吸にしていくのが良いと思います。 とにかく、意識的に口を閉じて鼻呼吸をするようにしましょう。 鼻呼吸に改善する器具も市販されているようですから、利用してみるのもいいかもしれませんね。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.