花粉症対策:花粉症の季節の肌トラブル

花粉症の時期は空気が乾燥し、紫外線も強くなってきている季節で、そこへ花粉の刺激が加わることで、肌荒れを起こしたり顔がかゆくなったりすることがあります。皮膚はもともとバリア機能を持っているため、バリア機能が高い健康な肌には花粉の異種タンパクは侵入することはできません。しかし空気の乾燥や、紫外線の影響でバリア機能の低下している肌は、乾燥が進み、肌表面の角質がめくれあがり、そこから花粉などの異種タンパクが侵入し炎症を起こすのです。

花粉症による肌のトラブルは、ほとんどが衣類に覆われずに露出している顔と首に集中して起こります。外出時にはできるだけ花粉が直接付着しないよう、肌を覆うように心がけることが大切です。マスクをしても隠しきれない顔は、帰宅したらすぐに洗顔して洗い流すのがよいでしょう。
肌のバリア機能は目をこすったり鼻をかんだりすることによる摩擦刺激によって低下します。毎日正しいスキンケアを行い、十分な睡眠とバランスのよい食事で花粉症の時期の肌トラブルを解消しましょうね。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.