花粉症対策:アロマセラピーで花粉症対策

アロマセラピーで花粉症対策ができればなんだかおしゃれだと思いませんか?
アロマセラピーとは植物の芳香成分(精油)を用いて心身の健康を保つ療法で、香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
アロマセラピーの精油はアロマショップなどで手軽に手に入り、手軽に使用できるものですが、精油は薬と同じ機能をもつため慎重に取り扱うことが大切です。精油はそれぞれに様々な特徴をもっているため、使い方を誤ればかえって心身に害をもたらす場合もあります。高齢の方や乳幼児、妊産婦の方が使用される場合は、医師やアロマセラピストの指導のもとに行うようにします。

アロマセラピーによる花粉症対策

アロマセラピーによる花粉症対策にはどんな方法あるのでしょうか。

目がかゆい時には、カモミールのフローラルウォーターやカモミールジャーマンのお茶を濃いめに抽出したもので目の上をシップします。

鼻水、鼻詰まり、くしゃみなどの症状には粘膜の炎症を緩和するユーカリの精油をティッシュなどに落として吸入します。 鼻が詰まって頭が重く、肩や首のこりもひどいときにも、ユーカリは筋肉の痛みを鎮めてくれるので効果的と言えます。湿布をしたり、お風呂に入れるのも良いでしょう。

また、ペパーミントのエッセンシャルオイルは花粉症の不快な症状を緩和させる効果が期待できるといわれています。ペパーミントのハーブティーを飲むのもお勧めです。
鼻のかみすぎなどで肌がかさつく時には、抗菌作用のあるラベンダー、新陳代謝を促進するゼラニウム、皮膚のトラブルを緩和するローズウッドで患部をマッサージします。

他にも花粉症に効果があると言われる精油はたくさんありますので、自分の好みや体調に合わせて香りを選び、リラックスしながら花粉症の症状を緩和しましょうね。

花粉症対策.comMENU

Copyright (C) 2008 花粉症対策.com.All Rights Reserved.